東北での釣り

この渓にはフライが似合う。 高低さが少なく、緩やかな流れが続き、アプローチさえ間違わなければかなりの確率で渓魚が相手をしてくれる。ただ、渇水には弱い上、この時期だとアブやブヨが大発生するので本来なら梅雨時期に行くべき場所。 最後に訪れてから、かれこれ12~13年が経つ。 当時と違う事はロッドが渓流竿からルアーロッドに変わった事…
トラックバック:1
コメント:13

続きを読むread more

のんびりいきましょう

最近、全然魚が釣れなかった。 じゃなくて、釣る気がなかった。 釣りには出かけているが、寝坊やら家族サービスやらで、お昼前後の2~3時間ロッドを振って釣り気分を味合う釣行が続いていた。 こんな事を続けていると、魚の釣り方を忘れてしまう。 ましてや新調したロッドでの釣行となると尚更である。 久し振りに朝5時過ぎに入渓。…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

偶然の出会い

ミノーに修正を加えた。 ウェイトの位置、アイの位置、そしてリップの位置と若干のボディー形状。 早速テストに川へ向かう。 すっきりした気持ちで釣りをしたいので、入渓場所を通り過ぎ、公衆便所へ向かう。 用を済ませ、来た道を引き返していると、見たことある車とすれ違った。 山道を早朝走る他県ナンバーの車。 絶対間違いない。彼であ…
トラックバック:3
コメント:22

続きを読むread more

100点満点の釣り

中津川や早戸川では連続ボウズを喰らっている。もう、何連続かも思い出せない位の連荘。 去年の今頃は確か、早戸川でけっこう釣れたけど、今年はまるでダメ。 あんまりボウズが続くと体に悪いので、激戦区を避け、少しでも釣れる可能性がある場所へ。 何時もより少し早起きをして窓の外を見ると、絶好の雨日和。おまけに少し肌寒い。 益々もって、釣り…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

嬉しいけど、辛い尺イワナ

浅い流れでのヤマメ釣りが好きだ。 脛ぐらいの流れにアップでミノーを投げ、小刻みにミノーを動かしヤマメを釣る。 めったに大物は釣れないけど、こんな釣りがすきである。 柔らかい竿にPEライン、細軸のフックを使い魚を掛けていく。 ミノーもこんな釣り方を意識して作っていた。 ミノーにリップを取り付ける際も、リップの幅と角度だけに気を使…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

雨のち楽園

まとまった雨の次の日に行きたい沢があった。 平水時、僕の技術では手も足も出ない場所が、雨上がりの増水時には、楽園と様変わりする。この沢には、ヤマメは居ない。居るのはイワナのみ。 そんなイワナ達がいる場所は、倒木に覆われ、ミノーにアクションを与えるスペースさえない。 着水で全てが決まる。ミノーの着水時、イワナが出なければ次のポイント…
トラックバック:4
コメント:10

続きを読むread more

目指せDコン

今の時期、mogミノーは使い物にならない。 夏ヤマメとのスピード勝負を意識しているので、アクションは小さめでキレ重視、シュッ・シュッとした動きをする。その為、キャストから回収までが早い。 真夏に、もうこれ以上速くトイッチできない位のスピードで掛けたヤマメの感触が体に残っていて、忘れることが出来ない。渓魚とはこんなに速く泳げるもの…
トラックバック:3
コメント:10

続きを読むread more

Dコンタクト

朝一番にミノーでイワナが釣れた。 けど、ミノーの釣りはお終い。 この1匹はまぐれで、ミノーの動きに反応できる魚はきっとこの川には存在しないと思えるくらい寒かったので、スプーンにチェンジである。 本当は、瀬でミノーを流しながら釣るのが好きだけど、絶対釣れない自信があるので、深みを狙ってスプーンをチョイス。 釣ってて面白みはない…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

道志川

川沿いには漁協の案内看板が新設されている。遊魚者のための専用駐車場も整備されている。 川の中には成魚放流されたヤマメ達が群れをなし、一つの流れから4~5匹のヤマメが釣れる。 かと思えば、魚影すら見当たらない流れが続く。 今日の道志はそんな川だった。 こんな日もあれば、一日中ロッドを振っても魚影すら確認できない日があったり、驚…
トラックバック:6
コメント:4

続きを読むread more

ルアー交換はどのタイミング?

10時から釣り始め4時まで釣りをした。 林道沿いに流れる川で、帰りの事をあまり気にせず釣りが出来る。 お昼を過ぎたのに、まだ1匹も魚を釣っていない。 先行者は一人。 確かにプレッシャーはあるけど、理由は別にある。 今日のこの川の魚が着いている場所は大体分かった。 どうすれば釣れるかも、おおよその見当がついている。 でも…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

新たな楽しみ

一人で川原に立つ。 ほとんど休みなしに釣りを続ける。 食事もコンビニのおのぎりかカロリーメイト。 キャストすること、魚を釣ること意外にあまり興味を感じなかった。 思い通りの場所にキャストし、思い通りにミノーを操り、ランディング出来ればその日は100点だった。 去年と今年の違う事。 ロッドをパックロッドにした事。 デジカ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

秘密の特訓

お昼前に中津川へ到着。 日曜日なので、かなりの釣り人がいる。 けど、今日はおきらく釣行なので、気持ち良く釣りがしたい。 キャストが決まって60点。上手にリトリーブ出来て80点。魚が一匹でも釣れたら100点である。 所が、時間が経つ程にストレスが溜まる。 お話にならないキャストの連続。 これじゃ釣れる魚も逃げ出してしまう。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

早戸川は天国だった

解禁日に向かう渓流は悩み所である。 反応の良い放流魚を相手に幸先の良いスタートを切るか、凍てつく流の中でじっと春をまつ渓魚を相手にするか。 車の温度計は外気温-3度を表示しているが、気持ちが高揚しているせいか、寒さは感じられない。 今日は釣り人にとって、元日である。元日は世間一般では曜日に関係なく、仕事は休みになる。ここ2年ば…
トラックバック:9
コメント:30

続きを読むread more

リバースポット

以前頂いたコタキミノー。 今年は結構お世話になった。 浅くて緩やかな流れに「ポトン」。そのまま流に任せる。 どこからともなくイワナがやってきて食いつく。 そんな使い方をしていたけど、話を聞いていると皆は普通のミノーの様に使っているそうだ。 軽くてその小ささ、そして俊敏な動きが武器のミノーだけに、魚との勝負の距離が近い。 …
トラックバック:3
コメント:18

続きを読むread more

イワナの祟り

腹痛が2~3日続いたので、近所の病院へ行った。入院設備のある立派な病院である。 盲腸の手術はすでにやってるので、ストレスからくる腹痛だと言われ、処方された胃薬と痛み止めを飲んでいた。 でも、痛い場所は下腹部。 夜になると、激痛が下腹部を襲う。 たまらず、市のメディカルセンターへ向かい、レントゲンに、血液検査。 紹介状を書い…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

休日の過ごし方

靴底のはりかえ 夏前から履き始めたシューズだが、フェルト底が半年もたなかった。 今迄は靴がダメになると買い換えていた。 でも、そのほとんどが靴底が原因でなく、靴自体が破けたり、型崩れで履けなくなったり。 今回の靴も脱ぎ履きが大変で、おまけに、馴染むまで靴擦れがひどかった。 履き始めは早々に買い換えようと思っていたが、2ヶ月…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

夏休み

竿抜け名人 朝方、川沿いの国道を走っていると、前方に駐車しようとしている車がいる。 おそらく釣り人だろう。僕が入渓する場所より、約1キロ強下流側になる。 ちょっと申し訳ないと思いつつも、おそらく餌釣り師なので、少しテンポを上げれば追いつかれる事はないだろう。 魚影が濃いのは知っている。でも、型が揃わない場所。 たま…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ぽとり ガブ  ゆらゆら ガブ

涼しい渓へ。太陽の日差しが届かない場所へ。 反応は上々だった。 水が少ない場所なので、少しでも水深がある場所を探してキャストする。 必ず何らかの反応が返ってくる。 でも、あと一歩でUターン。 何度も何度も同じことを繰り返している。 ミノーを引ける距離は確かに短いけど、理由は別にある。 落ち込み手前で、鋭角にターンさせる…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

今日は気分がいいね。

久しぶりに魚釣りを満喫した。 朝5時過ぎから、夕方の7時半頃まで。 数々の魚達に出会えた。 もっとも、半数以上はmasuturi氏が釣った魚だけど。 今日の僕の釣りは落第点。 キャストをする事。渓を歩く事。 でも、今の気分は満点の釣りをした後の気持ち。 masuturi氏のキャスト、追ってくる魚や食いつく魚。 ホ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ヤマメの為に我慢できるヒルは、10~20?

今年はヒルがとても多いような気がする。 去年いなかった場所でも見かける。 ここはヒルの渓。 毎年GWを過ぎた頃からヒルを見かけるようになる。 夏頃には、そこそこのヒルがウェーダーを這うようになる。 ヒルは好きではないけれど、どちらかと言えば、偏光グラスの前を飛ぶ小さな虫や、木の枝からぶら下がる毛虫の方が迷惑だ。 そん…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more