rurefishing

アクセスカウンタ

zoom RSS 嬉しいけど、辛い尺イワナ

<<   作成日時 : 2008/04/28 20:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

浅い流れでのヤマメ釣りが好きだ。
脛ぐらいの流れにアップでミノーを投げ、小刻みにミノーを動かしヤマメを釣る。
めったに大物は釣れないけど、こんな釣りがすきである。
柔らかい竿にPEライン、細軸のフックを使い魚を掛けていく。
ミノーもこんな釣り方を意識して作っていた。
ミノーにリップを取り付ける際も、リップの幅と角度だけに気を使い、形や長さはその時の気分によって現場で削っていた。
mogミノーのリップはミノーにアクションを与える事。ミノーを潜らせる事を意識していないので、この点に関しては性能が劣る。
リップによって、少しの引き抵抗があればそれでよいと考え、普段は大幅に削り、製作当初の約半分の長さで使っている。
本当はリップなんか無い方が魚が釣れるのに。飛距離もでるし、フックが絡まる事もない。
リップなしであの引き抵抗がだせればと常々、思ってもいる。

全てはあるロッドが基準になっていた。
ミノーもラインもフックもリールもこのロッドを使う為に選んだつもりだ。
修理すれば、まだ使えるけど、体力的衰えから、パックロッドを使いたい。
悲しい事に、最近は筋肉痛が翌日にこない。日を置いてやってくる。
それ以上に少し位なら無理をしてでも・・・そんな気持ちも薄らいできている。
川へ降りる時や川から上がる時は両手を使いたい。

そんなこんなで選んだパックロッド。
少し硬めだけど、これでもパックロッドの中では柔らかめを選んだつもりだった。
ロッドを振った感触はマズマズ、ミノーを投げた感触もマズマズ。ミノーを動かしてみると・・・かなり凹む。
凄く使い辛い。
我慢し難い。mogミノーを持っている人は良くこんなので魚を釣るな?と思える。
何だか申し訳なく思えてくる。相当、苦労して使ってるのだろう。

でもこのロッド、takiミノーとの相性は中々である。
はっきり言って、使いやすい。柔らかめのロッドで苦労していた事が容易く出来る。
快適に釣りが出来るし、釣っていて楽しい。
ロッドとミノーの相性がこんなにあるなんて。


日の出前に起きて川へ向かう。
先ずはmogミノーを結び、釣りを開始する。
でも、すぐチェンジ。ここから先はtakiミノー新緑バージョンでの遡行。

荒瀬からの流れは張り出した岩肌に当たり、90度その流れを変える。
流芯は岩肌に沿ってながれ、その内側は緩い流れ、反転流などが複雑に絡み合う。
流芯にミノーを投げ、複雑な流れが落ち着く手前で反転させる。
その瞬間、一瞬流れが煌く。
デカイ。絶対に掛けたい。
再度ミノーを通すと、今度は追ってくるが、すぐに反転して身を隠す。
次は掛けれるかもしれない。

今日、出番がないmogミノーで釣りたい。takiミノーには申し訳ないけど、mogミノーで釣りたい。
ミノーを変え、再度挑戦するが、流れは沈黙する。何回かミノーを通すが、反応はない。
この魚はきっと、決め打ちをしている。ある特定の流れにだけ的を絞って獲物を待ち構えている。
もし、イワナなら、まだチャンスはある。
こちらの存在は気付かれていない自身もある。
mogミノーには到達できない流れだけに反応するイワナ。
残念だが、mogミノーに出番はない。

尺イワナに泣き尺イワナ。
ありがとうtakiミノー。

ゆっくりと始めよう。この流れを泳げるミノーを作ろう。
この流れだけを泳げるミノー。
今のロッドとの相性もチョッと考慮して。
きっと、一段と使い辛いミノーが出来上がるだろう。


画像



画像





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
初めて書き込み致します。。。

いつもながら、鋭い切り口の内容に
感動します。僕はまだ闇雲に釣って
喜んでいるだけの段階です。
mogさんのような境地に達する事が
できるのはいつの日になるのでしょうか・・・
Karma
2008/04/28 22:54
mogさん、おめでとうございます。
私も今年こそこんな尺イワナを釣上げてみたいです!
それと、少しはミノーについても語れるようになれればな〜なんて思っています。
TABO
2008/04/28 22:57
イワナらしいイワナですね。

自分もロッドとミノーの相性は有ると思います。
昨シーズンロッドを新調してから殆どのミノーは入れ替わりました(^_^;)

あのロッドから他のロッドに移行するのは大変でしょうねぇ〜自分はSTSしか使った事が無いのであくまで想像ですが。。。
あいすまん
2008/04/29 02:16
mog流レコンキスタが始まりますね。
再征服というよりも、その上、超征服ですね。
細身のミノーも奥が深くて、泣けます・・。
taki
2008/04/29 09:00
Karmaさん、こんばんは。
書き込み有難うございます。
そんなだいそれたもんじゃないですよ。
僕も含めて皆さんオジサンなんで屁理屈や言い訳が多いだけです。
でも、それが面白いんですよね。良かったらお付き合い下さい。
mog
2008/04/29 18:38
TABOさん、こんばんは。
たまたまそこに居たイワナが大きかっただけですよ。狙って釣れればまた気分も違うんでしょうけど。
TABOさんは、takiミノー使いの第一人者じゃないですか。takiミノーの凄さは少しは理解してるつもりだけど、使い方に関してはまだまだひよっこです。
今度、教えて下さい。
mog
2008/04/29 18:49
あいすまんさん、こんばんは。
sssは凄く狭いロッドですね。
快適に使えるルアーも限定されるし、釣り方もある程度限定されるし。
でも、sssの守備範囲の使い方をすると、他のロッドを使う気にはなれなくて・・・
しなやかなロッドなので、フッキング後のやり取りが楽しめるとか聞くけど、そんな事はどうでも良いことで、その前後のパフォーマンスがお気に入りの理由です。
mog
2008/04/29 19:00
takiさん、こんばんは。
僕も以前は細身のミノーを作っていたけど、ハードルが高くて挫折しました。
細身のミノーは基本的な部分がしっかりしてないとパフォーマンスを発揮しないので、凄く時間も手間もかかりますね。
体高があると、ゴマカシが効きますますもんね。
そんな事より、今一番心配している事は、このロッドで、子takiミノーを快適に使えるかです。ちょこっと考え中です。
mog
2008/04/29 19:16
mogさん かっこ良い岩魚ですね〜!
ロッドとラインとミノーのバランスも難しそ〜!?ですね・・・。僕はまだあまり道具を持っていませんのでとりあえず自分の持っているものを如何に自分の物にしてうまく使えるかしか出来ませんがいずれは少しずつ色々な道具も揃えたいとも思っています!
でもとりあえずPEをリールにセットしました!少しはmogさんに近ずけるかな〜!?
琉空
2008/05/02 12:53
琉空さん、こんばんは。
PEは、始めは大変ですよ!
感覚が全然違うし、リーダーとの結束で暫く悩みました。コツをつかめずすっぽぬけの連続だったような気がします。
でも使い慣れると後戻りできなくなりますよ〜
是非、使い続けてくださいね!


mog
2008/05/02 17:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
嬉しいけど、辛い尺イワナ rurefishing/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる