rurefishing

アクセスカウンタ

zoom RSS ぽとり ガブ  ゆらゆら ガブ

<<   作成日時 : 2007/08/08 17:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

涼しい渓へ。太陽の日差しが届かない場所へ。

反応は上々だった。
水が少ない場所なので、少しでも水深がある場所を探してキャストする。
必ず何らかの反応が返ってくる。
でも、あと一歩でUターン。
何度も何度も同じことを繰り返している。
ミノーを引ける距離は確かに短いけど、理由は別にある。
落ち込み手前で、鋭角にターンさせると、食いつく魚もいるけど、毎度毎度そんなに都合の良いポジションはとれない。


僕のルアーケースには、恐ろしく軽いけど、良く釣れるミノーがある。
軽さゆえ、普段は敬遠しがち。
また、フッキングにも癖がある。慣れないと、すぐすっぽ抜ける。

でも、今日はそんな心配は要らない。
魚達が上機嫌なので、幾らでも練習できる。
30分もしないうちに、感覚を取り戻せた。

「ぽとり ガブ  ゆらゆら ガブ」である。
罪悪感を感じる程、釣れる。


魚が沢山釣れれば、楽しいに決まっている。
でも、複雑な気持ち。
僕は、自分が使いやすい様に、ミノーを作ってきたので、心の何処かで、一番釣れるミノーと思っていた。確かに使い易いけど、魚達には、魅力的に見えない。
悲しいかな。


今日は嬉しく感じる事もあった。
先日、自作ミノーをあげたお礼に頂いた市販ミノーが2つある。
2つ共、優秀なミノーで、魚達にも好評であった。
確かに釣れるけど、満足は出来ない。
なぜかって?優等生すぎるからかな。
さあ、またミノーを作ろう。使って楽しい劣等性を。

画像



画像



画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
− タイトルなし −
毎日暑い中仕事に出かけている。 僕には盆休みもGWもないんだけど、世の中につられ... ...続きを見る
The Simple Outdoor L...
2007/08/15 23:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ああっ!このルアーは…。
先日mogさんと行った川で、自分もこのルアーで釣ってました。
瀬の中にいるイワナに対してドリフトさせて狙う…フライってこんな感じなのかな?なんて思いながらの釣りでした。

ミノーも人間も完璧超人じゃ、親しみが持てません。とは言っても、反抗期真っ盛りの中学二年生的な劣等性でも困っちゃう。mogさんのミノーは変な癖がないから使いやすいですよ。
masuturi
2007/08/09 00:46
僕もこのミノーを使う時はフライやテンカラをイメージしますね。今回の釣行でこんなミノーを感覚的に作りたいと、本気で思いましたね。
今の僕では無理だけど。

このミノーも僕が作るミノーも、実はとんでもない共通のクセがあるんですよね。多分気づいていると思うけど。たまに仇となる事があります。表裏一体ですね。
mog
2007/08/09 18:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
ぽとり ガブ  ゆらゆら ガブ rurefishing/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる